収支モデル


 当方が、2009年に開発したプログラム、収支モデルは、法人様の生命保険見直し、新規加入の収支が、支払保険料累計、ターゲット年度、解約返戻金、予定納税額など様々な要素の連動のなかから、試算できるようになっております。

質問フォームから送信いただいたデータも上記モデルを通過させて、お答えします。

<例>

@会社で、金融機関からの借り入れがある。保障メインの生命保険に加入したいが、予算がきびしい。
 --------->代表者個人で加入している、生命保険はありますか?
       それに無駄があるか、試算してみましょう。
       必要な保障は残し、収支計算に合った保険を検討しましょう。


A毎年、多くはないが、会社にとっては大きい法人税を納付している。
  すこし節税になり、役員退職金にも使える生命保険を検討したいが、途中で解約した場合、雑収入になると聞いた。また納税するのかと思うと、二の足をふむ。
----------->納税しても、収支のあう保険に入りましょう。
       数字で、ご納得のゆく説明をします。


B銀行に頭をさげたくない。
---------->捻出できる資金を見直しましょう。
      その範囲内で、将来、お金に困らない最適の商品、組み合わせを考えます



*基本的にはメールで概略のご報告のあと、郵便で説明資料をお送りいたします。* 提案・契約は、ご訪問させていただきます。
(交通費をいただく場合もありますが、事前のご相談です)



 
 設計および見直し依頼・ご質問

Copyright ©2009-2016 Insurancestaff All Rights Reserved.